鶴竜 優勝でモンゴル人三横綱時代へ

ウルトラPress > ライフスタイル考 > 鶴竜 優勝でモンゴル人三横綱時代へ

鶴竜 優勝でモンゴル人三横綱時代へ

鶴竜が優勝しましたね。琴奨菊を破り、自分で優勝を決めました。念願の初優勝には、おまけというには重過ぎる横綱昇進まで付いてきそうですね。

白鵬・日馬富士・鶴竜のモンゴル人三人が今の相撲を支えてくれていると強く感じた場所でした。終盤まで勝ちっぱなしの二横綱と、三日目に隠岐の海に負けたものの、そこから尻上がりに調子を上げた鶴竜、、、一方で稀勢の里は遠藤・嘉風に連敗するし、琴奨菊は最終版の横綱戦まで、全くピリッとしてませんでした。

日本人力士で名前を挙げるとすれば、豪栄道ですかね。栃煌山・鶴竜・白鵬に負けただけで12勝3敗です。遠藤は稀勢の里には勝ちましたが、まだ大関とか綱取りとかいう次元で話すほどじゃなさそうです。

稀勢の里・琴奨菊・豪栄道と、白鵬・日馬富士・鶴竜を見比べて、何が違うのかと考えると、力強さと自信、気迫が天と地の差がある気がします。そこが横綱になる人と、そうでない人の差なんでしょうね。

モンゴル人三横綱という時代に、ココに挙げた日本人力士達が奮起してくれることを願ってます。北の富士さんも言ってましたが、日本の国技なんですから、日本人力士として、言葉にしなくても感じるところが無いといけませんよね。

私は白鵬・日馬富士・鶴竜が大好きだし、今の相撲界があるのもこの3人をはじめとする外国人力士が居てくれたお蔭だと思ってます。その恩に実力・力で報いるのが、日本人力士の責務だと思います。頑張ってください!

MVNO 比較のことを調べてたのに、つい相撲の話で熱くなってしまいました。仕事に戻ります(^o^)v


関連記事

  1. glo グローの感想『買ってスグ売りました』
  2. iPhone8はイマイチ話題性に欠けますね
  3. ダイソー ネット包帯 指用の感想
  4. ズッキーニの花が咲きました!
  5. みんなの家庭の医学 11月22日 若返りホルモン
  6. Zenfone3をデュアルSIMで約1ヶ月使った感想
  7. アウロラ イプシロン ボールペンが素晴らしい件
  8. ネットの固定回線が必要かを検討する
  9. iPhoneSE SIMフリー買いました!
  10. iPhone5sかiPhoneSEか悩む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です