憲法解釈で集団的自衛権行使容認について

ウルトラPress > 時事ニュース探訪 > 憲法解釈で集団的自衛権行使容認について

憲法解釈で集団的自衛権行使容認について

憲法解釈で集団的自衛権を容認するというスタンスの安倍首相、、、批判が凄いですね。

私も、なぜ憲法改正じゃなく、解釈変更で済まそうとするのかが分かりません。集団的自衛権行使を容認するか否かの是非は、この際別として、その手法が不透明な気がしていけません。

少し前、特定秘密保護法の時だって、成立させてから安倍さんが「もっと国民に説明しなきゃいけなかった」という趣旨のことを会見で言ってましたが、成立してからそんなこと言うなじゃない!って話です。

集団的自衛権の話は、過去2回の選挙で公約に掲げて圧勝してるから、首相の独断じゃないと言いますが、民主党に飽き飽きして、自民党以外に投票する党が無かった、、、何も決まらない政治にホトホト呆れてたという状況で自民党に投票したんです。

別に集団的自衛権を憲法解釈で容認して良い!と思って投票したわけじゃないんです。

もう少し慎重になってほしいな。決まる政治は良いけど、なんでもかんでも独断で決め過ぎじゃないですか?って素人目に思います。


関連記事

  1. iPhone8が異常に売れていないそうだ
  2. 自動車保険がどんどん上がってますね。
  3. 落合GMは必要なのか?
  4. エボラ出血熱の正しい対処法
  5. イスラム国へ志願する日本の若者
  6. 2014年も2/3終わりましたね。
  7. 北海道でブリ&クロマグロが獲れてる!?
  8. やっぱり白鵬は強かった【2014 名古屋場所】
  9. 野々村元県議 辞めたからって終わりじゃない
  10. セクハラ野次 言った方も言われた方も対応がまずい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です